“Apple”が書けなかった男の人生大奮闘記

”人生を最大限楽しむ”ことをテーマに、語学習得術、海外留学経験、ビジネスや人生観などについて書いています!

[留学生活日記]アリゾナ留学生活残り1ヶ月での今の思いとインドネシア料理

どうもー!ばんちょーです。

 

さてさて、今日は珍しく素直に大学の卒業を約1ヶ月後に控えての今の心境について話していきたいと思います。

 

あ、ちなみに今日はいつメン(ブルネイ人、インドネシア人、台湾人、そして中国人の友達)に誘ってもらって、近くの公園で行われていたインドネシア料理のイベントに行ってきました。

 

いつメン凄くインターナショナルでしょっ!ははは笑

 

あと1ヶ月で、私とインドネシア人の女の子、そして台湾人の女の子が大学を卒業してしまうので、こうして当たり前のようにみんなで週末に出かけられるのもあと僅かなのですが、正直まだまだ全然実感もなくて、寂しいというよりはいつも通りみんなとの時間を楽しんでいるという感じです!

 

そして、本日食べた料理はこちら!

料理名がわからないので、わかる方いたら教えて下さい!!

f:id:Sweetapples:20190324213337j:plain

この前、初めてインドネシア料理を食べた時は、インドネシア料理のその独特の辛さにやられてしまってあんまり食べれなかったのですが、今回の料理は全く辛くなかったので美味しくいただけました。

 

写真の中にあるコロッケみたいなやつは、揚げ物だったので中身はしょっぱいのかと思いきや甘かったのでちょっとびっくりしました笑

 

その下にあるオレンジ色のソースは、ピーナッツバターでした!

普段、ピーナッツバターを野菜や練り物に付けて食べることがなかったので、こちらも初体験でしたが、ピーナッツバターの程よい甘さと野菜の相性がなかなか良くて、美味しくいただけました。

 

ちなみに以前食べた料理がこちら!

f:id:Sweetapples:20190324214906j:plain

美味しかったんです!

 

凄く美味しかった!!

 

でも、

 

インドネシア料理の辛さは、日本の辛さとはまた違う領域にあるもので、辛いというより痛いので食べ慣れていない自分にはなかなかキツかったです笑

 

さてさて、改めて卒業を間近に控えての心境ですが、思い返せばこの4年間楽しいことも勿論あったけど、アリゾナにきていきなり犯罪に巻き込まれるなど嫌なことも本当にたくさんあって日本に帰ろっかなって思ったこともありました。

(今となっては良い経験ですが笑)

 

でもそんな時にいつも支えてくれる・励ましてくれる仲間がいて、どんなにネガティブになりそうな時でも常にポジティブな自分でいさせてくれたのはみんながいたからでした。

 

またある時には、自分が困っていた時に全く面識のないアメリカ人の家族が危険を省みず命を張って自分のことを守ろうとしてくれた。何があったんだよってなりますね笑

こんな人間としての美しさ優しさに感動を覚えたこともありました。

今となっては名前すらもわからないけれど、あの時助けてもらった恩は忘れないし、いつか必ず恩返しがしたいって思います。

 

そんな4年間を経験して私が今、心の中で大切にしている言葉がこれです。

 

If you are happy, I am happy, too.

Wherever you are and whatever you do, if you need my help, it’s a pleasure to help you.

 

翻訳すると、

あなたが幸せなら、私も幸せです。

そして、たとえあなたがどこにいようと何をしようと、もしあなたが私の助けを必要とするならば、私は喜んでそこへ行き、手を差し伸べましょう。

 

こんな自分でも、自分に助けを求める人がいるならば全力で期待に応えたい。

そして、 世界がより良い方向に進む為に私にできることがあるなら全力で全うしたい。

 

いつかこのブログが世界のどこかでそんな助けを必要とする人と手を差し伸べる人を繋げられるような場所になったらいいなと思う。

 

これが今の私の本心。留学を通して得た最も大切な財産の1つだと思う。