“Apple”が書けなかった男の人生大奮闘記

”人生を最大限楽しむ”ことをテーマに、語学習得術、海外留学経験、ビジネスや人生観などについて書いています!

[英語学習]超手軽!何から始めたら良いかわからない人にオススメの英語学習法3選!

f:id:Sweetapples:20190323100215p:plain

こんにちは〜〜!ばんちょーです!

 

早速ですが、今日は

 

これから英語の勉強を始めようと思っている!

 

もしくは、

 

英語を喋れるようになりたい!

 

そんな人にオススメの簡単に始められる手軽な英語学習法3つ紹介していきたいと思います!!

 

私も英語そしてスペイン語を学び始めの時に使っていた方法です!

ぜひ試してみてください!!

 

 

デイリージャーナル(日記)を書く

まず最初に私がオススメしたい方法は、毎日ノートに英語で日記を書くということです!

 

日記を書くと言うと、なんだぁそんなことかぁ!とか、そんなんで本当に意味あるの?なんて声も聞こえてきそうですが、まずは英語に慣れるという意味でも毎日ノートに日記をつけるのはオススメです。

 

日記に書く内容はその日の出来事やあなた自身についてなど自由です!

あまり制限を設けると毎日続けるのが大変になってしまうので、思いのままにその時書きたいことを書きましょう。英会話のレッスン等に通っている場合は、その日学んだことについて書くとレッスンの復習にもなるかと思います。

 

利点

私が日記をオススメする最大の理由が、自分が覚えるべき表現や単語を知ることができるという点にあります。これはどういうことかと言うと、英語の学習教材や単語帳にだけ頼って学習をした場合、自分には必要ないなと思う表現や文章を覚えなければいけないことも多いですよね?それって効率が悪いと感じたことがありませんか?

 

でも、日記の場合はあなたの好きな内容伝えたい思いを書いていくので、必要のない表現を使うことはなく無理に覚える必要もありません。さらに、日記を継続していくうちにどんな表現を自分が多く使うのかわかってくるので、自分が自分自身を表現するために優先して覚えるべき単語や言い回しはどれなのか自然と認識できるようになってくると思います。日記を書くことで、自分のオリジナルの教科書を作ることができるのです。

 

さらに、書くという習慣を通じて自分の表現したい思いを文章に起こす能力を養うことができるので、今後英会話などの本格的な英語学習に進んでいく際にも必ず役に立ちます。

 

欠点

日記を書くことの欠点としては、最低限ある程度の英文法の知識がないと自分の思いのままに文章を書くことができないという点にあるかと思います。

なので、英文法に不安がある場合は、英文法の勉強と並行しながら日記を続けていくことをオススメします!

 

オススメのやり方

オススメの学習方法としては、ノートを用意して毎日1ページずつ書いていきます。

グリッド線の入っているノートでも無地のノートでも構いませんが、個人的にはグリッド線が入っている方がまっすぐ英語の文章を書けるのでグリット線のあるノートに日記をつけるようにしていました。

 

日記の書き方
  1. ノートを用意する(グリッド線のあるものか無地のものかはお好みで!)
  2. ノート1ページを上4分の3と下4分の1に分ける。(線を引いても良い)
  3. 上4分の3の欄に日記を書き、下4分の1の欄には新しく覚えた単語を日本語の意味と共に書いていく。
  4. 英文の行間は少し開けて書くようにする。間違った箇所を添削しやすくするため。

 

ワンポイントアドバイス

わからない表現がある場合や、超初心者の場合は最初のうちはインターネットの辞書等で単語を検索しながら日記を書いていっても良いと思います。私も昨年スペイン語を学んだ際は、スペイン語に関する知識が全くなかったので、最初のうちはインターネットの辞書で単語を検索しながら日記を書き始めて、数週間後には基礎的な表現は辞書で検索しなくても書けるようになっていました。

 

日記を交換するパートナーがいると、交換日記のようにお互いの日記を読みあったり、コメントしあったりできるのでオススメです。日記を毎日書くことに対するモチベーションも上がり、学習効果も高まります。

 

まとめ

利点

・自分が好きな表現やよく使う表現を優先して覚えることができる。

・英会話塾等に通っている場合は、その日学んだ内容の復習にもなる。

・自分の伝えたいことや思いの詰まったオリジナルの教科書になる。

・文章力を養うことで、会話の中でも自然とその表現が思い浮かぶようになる。

 

欠点

・最低限の文法の知識が必要

 

ワンポイントアドバイス

・わからない単語や表現がある場合は、インターネットの辞書で検索しましょう。

・日記を交換するパートナーを見つけて、モチベーションを高めましょう。

 

LINEの会話を英語でするようにする

次にオススメしたい超手軽な英語勉強法は、LINEの会話を英語でするということです。LINEの会話を英語ですることの目的は、日常の中でとにかく英語を使う機会を増やすことにあります。

 

最初の頃は、相手が送ってきたメッセージの内容がわからなかったり、自分の伝えたいことが思いどうりに伝わらないこともあるかと思いますが、慣れてくるとコミュニケーションも円滑に取れるようになり、それが自信につながっていきます。

 

実際、私自身も英語を本格的に学び始めた5年前に同じく英語を学んでいた友人とのLINEを英語でするようになり、今でもこの習慣は続いています。始めばかりの頃は、Thank youやHelloなどの簡単な表現ばかりでしたが、お互いがライバル意識を持ちながら勉強に励む中で、次第に文章でのやりとりができるようになっていました。今となっては彼と日本語でやりとりするのは違和感があると感じるくらい英語でのLINEに慣れてしまっています。

 

利点

この方法の利点はやはり日本にいながらも日常の中で英語を使う機会を強制的に作り出すことができる点かなと思います。語学習得においては、継続環境がなによりも大事なので 、メールなどとは違い気軽にメッセージを送ることができるLINEを用いることで、簡単に英語を使う環境を作り出すことができると思います。

欠点

LINEの会話を英語ですることの最大の欠点は、LINEをするパートナーが必要になるということです。学校職場など自分の身近にあなたと同じように英語が話せるようになりたい!と思っている人がいないか探してみてください!

オススメのやり方

とにかくもう英語を楽しみましょう!! 

ワンポイントアドバイス

この学習法での目的はあくまでも英語に接する機会を増やすことなので、間違いを気にせず送り合うことが大切です。最低限、意思の疎通ができていればオーケーぐらいの楽な気持ちでメッセージのやりとりをしていきましょう!

 

さらに、個人的にオススメなのがあなたと同程度の英語力を持った人をLINEの相手に選ぶことです。

英会話講師やすでに英語が堪能な方とメッセージのやりとりをすることで、間違った箇所を訂正してもらえるという利点もありますが、自分の経験上、そういった場合、間違いのない英語を使わなければいけない!という気持ちが強くなって気軽にメッセージを送りづらくなってしまったことがあったので、個人的にはあまりオススメしません。

 

まとめ

利点

・日本にいながら日常の中で英語を使う環境を作り出すことができる。

・パートナーとのやりとりが基本となるので、継続するモチベーションを保ちやすい。

 

欠点

・LINEでメッセージをする相手が必要になること。

 

ワンポイントアドバイス

・英文法などの細かいミスを気にせず、気軽にLINEのやりとりを行うこと。

・同程度の英語力を持った人を相手に選び、切磋琢磨しながらやりとりを続けること。

 

ありとあらゆるものに英単語の付箋を貼っていく

最後に私がオススメしたい方法は、家の中のありとあらゆるものに英単語を書いた付箋を貼っていくというものです。

 

ここで1つ例を挙げると、例えば、冷蔵庫ならRefrigeratorという単語を書いた大きめの付箋を冷蔵庫の正面の見やすいところに貼り付けておきます。

そして、普段の生活で冷蔵庫を使えば使うほど、その単語を見れば見るほど、脳が自動的にRefrigeratorという単語と冷蔵庫のイメージを頭の中に記憶していくようにします。

 

単語を覚えるというと、単語帳を使うなど机の上で勉強するもの!という印象が強いかもしれませんが、私の場合それだとなかなかモチベーションを保ちづらいこともあったので覚えにくい単語などはこのように工夫して覚えていました。

 

単語帳などで単語を覚えるのが苦手!という方には、是非一度試して欲しい方法です!

 

利点

英単語を書いた付箋を至る所に貼っていくというこの方法の最大の利点は、付箋さえあれば今すぐにでも取り組めることにあると思います。(付箋がない場合は、A4用紙などの紙に英単語を書いて、テープなどで貼り付けても良いと思います)

 

さらに、この方法は心理学における単純接触効果*1を利用したものでもあるので、使うときに必ず目に入る場所に貼っておくと、自然とその単語に対して好意を抱くようになっているでしょう。

欠点

 特になし。

オススメのやり方

 オススメのやり方としては、ジャンルごとに付箋の色を変えると頭の中で整理して覚えられるので良いと思います。

例えば、電化製品などに付箋を貼る場合は、赤色の付箋で統一するなどです。

ワンポイントアドバイス

付箋は大きめのものを使い、普段の生活で目に入る場所に貼っておくと良いです。

 

まとめ

利点

・手軽に取り組めること。

・単純接触効果で単語に対して好意を抱くことで、記憶定着率の向上が目指せる。

 

欠点

・特になし

 

ワンポイントアドバイス

・大きめの付箋を使うこと。

・必ず目に入る位置に貼るように心がけること。

 

まとめ

ここまで英語学習初心者向けに、手軽に実践できる英語学習法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか??

これらの方法がみなさんが今後英語を学ぶキッカケとなったとしたら私としても嬉しいです!

 

最後に、これは英語とスペイン語を学んだ私の経験からではありますが、英語を含めた言語を学ぶのに最も大切なことは、とにかく楽しむこと、そして好きになることだと思っています。

 

皆さんもまずは今回紹介したような簡単な勉強法から始めて、英語が好きになれるように頑張ってみてください!

 

“好きこそものの上手なれ”ですよ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまたっ!

See you soon :)

*1:ある対象物を繰り返し見るうちに、その対象物に対して好意を抱くようになるという法則